活動報告

活動報告

1月27日 3支部親睦ボウリング大会が開催されました

1月27日(土)狭山市の新狭山グランドボウルに於いて、所沢支部からは18名、あさか、川越両支部から36名の有志が一堂に会し、3支部親睦ボウリング大会が開催されました。

道の端にはまだ雪が残っている、とても寒い午後でしたが、ボウリング場内は、練習をしている出場者も多数で、熱気がありました。

午後4時より川越支部長 大澤 直樹氏の短い挨拶の後、始球式が行われ、その投球が見事ストライクを決め、大喝采で、ゲームが始まりました。

第一位は所沢支部の関口 修武会員で479点という成績のみならず8回連続ストライクをなしとげました。支部対抗ボウリング大会もこの調子で頑張ってくださいね。

 

第二位も所沢支部の木下 克己会員

 

女性ボウラの第一位も所沢支部の根津 由美子会員という素晴らしい成績でした。

 

寺田 喜信会員はアクシデントで第二ゲームのスコアが加点されずとても残念でした。支部対抗でのリベンジを楽しみにしております。

 

<懇親会の様子>

 

(広報委員 西堀 雅江)

1月17日 支部会・研修会・賀詞交換会が行われました
1.支部会

平成30年1月17日(水) 14時30分より所沢のベルヴィ ザ・グラン3階のロジェ スイートに於いて平成30年初の支部会が開催されました。

始めに、闘病中に残念ながら亡くなられた、中村政俊会員に黙とうが捧げられました。

小泉支部長の新年の挨拶に続き、会員異動報告、諸事業報告、各委員会報告等が有りました。

 

(広報委員 西堀 雅江)

2.研修会

その後、会場を同じくして15時45分より研修会が行われました。

ホライズンパートナーズ法律事務所の弁護士 坂東利国(ばんどう よしくに)先生をお招きして、「近時の裁判例と労働問題への対応」について研修会を開催しました。

関心の高い労働問題についての研修ということで65名の会員が参加しました。

今まさに旬の話題である 同一労働同一賃金、高額年俸者の時間外手当を巡る問題、長時間労働と病死の因果関係等5件の判例について、“争点・判決・その判決から得る教訓”をお話ししていただきました。

クライアントの為にも、そこで働く従業員の為にも就業規則・給与規程の見直し、働き方に対するご提案を早急に進めなければなりません。

大事なのは労使紛争の未然防止。我々社労士の役目であり腕の見せ所です!

今年も頑張っていきましょう!!!

(研修委員 正木 光世)

3.賀詞交換会

平成30年1月17日(水)17時30分より所沢のベルヴィ ザ・グラン2階のラディア スイートに於いて、平成30年賀詞交歓会が開催されました。

  

所沢市長 藤本正人様をはじめとして、

狭山市産業振興課主査 岩田光弘様、所沢労働基準監督署長 井出章様、所沢公共職業安定所長 渋沢修一様、所沢公共職業安定所飯能出張所長 田本節義様、日本年金機構所沢年金事務所長 桐澤治夫様など関係行政機関、

埼玉県社会保険労務士会副会長 渡邉寛様、埼玉県社会保険労務士政治連盟副会長 永島良一様、埼玉SR経営労務センター副会長 櫻井修様など関係団体

から多くの来賓のご出席とご挨拶を賜りました。

 

しゃろたまを中心に記念撮影をしました。

 

副支部長の長沢有紀会員が、埼玉労働局長感謝状を授与されました。

 

コントデュオ オシエルズの教育的(?)「新春お笑いライブ」と美味しいお料理で楽しい時を過ごしました。

 

<歓談の様子>

 

理事の莊司八惠子会員の締めの挨拶。歴代の支部長が多く参加されており、前に出ていただき、大いに盛り上がりました。

(広報:西堀 雅江)

1月11日 埼玉県労働局長表彰式・埼玉県社会保険労務士会新年賀詞交換会が行われました。
埼玉県労働局長表彰式・埼玉県社会保険労務士会新年賀詞交換会のご報告

去る1月11日(木)に標題の表彰式と賀詞交歓会が、ホテルブリランテ武蔵野で催されました。

 

1.労働局長表彰式(15:00~15:45)

当支部の長沢有紀副支部長をはじめ12名の会員に、「埼玉労働局長感謝状」が贈与されました。

局長の祝辞に続き、受賞者を代表して長沢副支部長が謝辞を述べられました。

この日の長沢副支部長は、艶やかなお着物姿に加え、立派な謝辞で参加者を魅了していました。

 

2.賀詞交歓会(16:00~18:00)

参加者は会員130名余、来賓90名余(国会議員23名、県議会議員34名、行政・関係団体等36名)の合計220名余で行われました。

石倉会長の年頭挨拶、上田清司知事、新藤義孝衆議院議員、小林哲也県議会議長の来賓祝辞に続き、法被を着た来賓らにより酒樽2個の鏡開きを行いました。

乾杯後の立食中も各議員の挨拶が続く中、お酒・料理も十分にあり、会は賑やかに進行しました。

所沢の柴山昌彦衆議院議員は乾杯後すぐに帰られ、言葉を交わすことはできませんでした。(狭山・入間・飯能等の大塚拓議員は欠席。)

県議会議員は所沢の水村篤弘議員、飯能の内沼博史議員、狭山の中川弘議員が出席され、特に中川議員は当支部のテーブルで締め近くまで歓談されました。

また、会の終盤、所用で遅れてご参加頂いた大西健造連合会会長よりご挨拶を頂きました。

長沢副支部長は、広報の役割を果たしつつ、表彰式に引き続きお着物姿で注目を集めていました。本日は「長沢day」と言っていいくらいでした。

(埼玉会監事:藤崎 進)

ボウリング大会・忘年会が開かれました。

12月2日(土) 支部恒例のボウリング大会・忘年会が開かれました。

ボウリング大会は、所沢スターレーンで開かれ、22人が参加して、快音を響かせました。

日頃、指導を受けている方々は、腕前を披露して、そうでない方も時々ストライクを出したり、まさかのガターを出したり、2ゲームを楽しみました。

 

<ボーリングの様子>

 

10位までの方のお名前と得点は下の通りです。

 

順位 ボウラ 第1ゲーム 第2ゲーム 得点
1 西岡 寬 198 198 396
2 島田 智之 172 223 395
3 関口 修武 191 174 365
4 根津由美子 188 173 361
5 莊司八惠子 194 163 357
6 落合 宏 194 159 353
7 木下 克己 189 154 343
8 寺田 喜信 175 153 328
9 内野 範之 149 156 305
9 近藤 博 136 169 305
10 森谷 学 130 162 292

 

 

続いて会場を、さかなや道場に移し、午後6時より忘年会が行われました。11月15日のホームページでお知らせしましたが、支部対抗ゴルフ大会で、見事団体優勝をした選手をお招きし、健闘を称えました。

 

<小泉支部長のご挨拶>

 

<支部対抗ゴルフ大会 団体優勝‼>

 

<忘年会の様子>

 

ボウリング大会の表彰も行われました。

 

(広報:西堀 雅江)

【11月2日、9日開催】出前講座の様子をお知らせ致します。

 狭山市立入間野中学校での出前講座

11月2日、9日の2日間、狭山市立入間野中学校で、出前講座を行いました。

対象は中学3年生で、総合的な学習の時間の授業の一環でした。それぞれの担任の先生が、「働くための基礎知識」を題材とした指導の中で、8問の「働くルール 知ってQ」という労基法の労働時間や賃金等のクイズを生徒たちに考えてもらい、社労士が解答と解説をする形式でした。

 

11月2日

2日の講師は、林田正之会員、松丸剛之会員、西堀で、全5クラスの内、3クラスで行いました。

担任の先生によって、授業の進め方が違うし、振ってくる話題も予想がつかず、経験の浅い西堀などは、緊張しましたが、活発な生徒たちと、1時間の出前講座を終えることが出来ました。

 

<松丸剛之会員の講座の様子>

 

<林田正之会員の講座の様子>

 

<西堀雅江会員の講座の様子>

 

<打ち合わせの様子>

 

11月9日

9日は入間野中学校が、狭山市教育研究会の会場となって、11月2日に行わなかった残り2クラスの授業が、狭山市の教育関係者、各校の先生方に公開されました。

講師は、先週に引き続き、林田会員、松丸会員でした。多数の見学者のせいか生徒たちは少々おとなしかったようです。

その後に開催された研究協議会では、他校の先生方から「自分の学校でも出前講座をして欲しい」や「どう申し込めばいいのですか?」の声が有りました。今後、色々な学校から出前講座の申し込みが有ったら嬉しいです。

 

<11月9日の様子>

 

(広報委員:西堀 雅江)

11月16日 支部会・研修会が開催されました。

1.支部会

11月16日所沢市民文化センターミューズに於いて、支部会、研修会が開催されました。
支部長挨拶で、「倫理観念を見直して欲しい」との呼びかけがありました。
会員移動報告、諸事業報告、各委員会報告、が行われ、今後の予定として、10月に雨で中止となった「支部対抗ソフトボール大会」が、3月10日に行われる事が発表されました。

(広報委員:西堀 雅江)

 

 

2.研修会(給与計算研修会)

平成29年11月16日(木)所沢市民文化センターミューズにおいて、浦和支部の鈴木龍彦先生をお迎えし、『社労士の行う賃金計算』と題し、ご教授頂きました。

 

参加人数は24名。

☆給与計算の基礎から社労士としての専門的な計算まで☆

22ページにわたる資料を、ご提供いただき、社会保険労務士としての心構えを改めて痛感しました。

① 労働基準法の人事制度を理解している

② 労働基準法の運用を理解している

③ 労務に関する知識が高い

④ 問題社員への対応

⑤ 社会保険・雇用保険を理解している

 

給与計算を受けるに当たり、

① 業務範囲の確定(リスクの回避のため、特に勤怠表はクライアントに作成させる)

② それぞれのデータの納期

③ 振込の方法

④ 計算手数料の合意 等々

事業マスター・個人マスター等の事例を挙げてのご説明に、(耳の痛い部分には耳をふさぎながら)まだ賃金計算をしていない者の今後の方向性を教えて頂き、感謝いっぱいの時間でした。

(研修委員:久保山 章子)

 

 

 

 

 

 

出前講座の様子をお知らせ致します。

所沢市立北野中学校での出前講座

今秋、所沢支部出前講座委員会は3回の講座を行いました。

今日は、平成29年10月3日(火)に最初に行った所沢市立北野中学校での様子をお知らせいたします。

職場体験授業に向けて、「働く時のルールとマナー」について、一年生144名が体育館に集合して講座を受けました。

講師は、橘 浩一会員と松丸 剛之会員でした。

時々やんわりとジョークを繰り出す橘会員とジョーク言わない人(?)の松丸会員のコンビも新鮮な感じで、挨拶の練習なども組み込んで楽しく2時限が過ぎました。

   

(広報委員:西堀 雅江)

埼玉会支部対抗ゴルフ大会 団体戦優勝!!

平成29年11月7日(火)快晴、絶好のコンディションの中で支部対抗ゴルフ大会が、栃木県にある東松苑ゴルフ倶楽部で開催されました。

 

当支部からは7名(莊司八惠子先生、豊泉良一先生、大囿一平先生、大囿誠二先生、内野範之先生、関口修武先生、南栄一先生 ※順不同)が参加し、団体戦(各支部スコア上位4名の合計)は、昨年準優勝からの雪辱を果たし、3年ぶり5回目の優勝を遂げました。

 

なお、個人戦では内野範之選手が10位に入賞、また、8か所あるドライバーコンテストでは、その半数を大囿一平選手、大囿誠二選手、内野範之選手、南栄一選手が獲得しました。

10位の内野範之選手

 

ドラコン入賞の大囿誠二選手

 

ドラコン入賞の大囿一平選手

 

【団体戦結果】
優 勝        所沢支部 348ストローク(スコア上位4名)
大囿一平 84(41 41)

大囿誠二 87(45 42)

内野範之 92(40 52)

豊泉良一 85(44 41)

 

準優勝 川口支部 355ストローク

第3位 熊谷支部 357ストローク

 

 

プレー後は、パーティが開催され、大いに盛り上がりました。

ご参加された選手の皆様、大変お疲れ様でした。

(厚生委員:豊泉 良一)

 

所沢市民フェスティバル 社労士制度を市民にアピールしました!!

平成29年10月28日(土)、29日(日)の両日、所沢航空記念公園にて所沢市民フェスティバルが行われ、当支部では両日ともに「労働・年金何でも相談コーナー」を実施予定でした。

開催前より台風22号、秋雨前線の影響が危惧されていましたが、28日午前中は、曇天ながら、人出は多く、「労働・年金何でも相談コーナー」にも多くの相談者が来られ、労働・年金それぞれに詳しい先生方が、詳しく説明してくださいました。

 

また、「社労士って労働や年金に詳しい人なんだ」ということを市民に知ってもらうための簡単な「労働、年金クイズコーナー」も盛況でした。

 

さらに、今年初めての試みの「しゃろたまとツーショット」も小さいお子様連れの方々に好評で、「しゃろたま」にしがみつくお子様もいて、その可愛らしい表情に、私達も嬉しくなりました。

 

午後に入り、雨模様となったため、「しゃろたま」はテント内に移動して撮影していただき、他のコーナーは机をテント内に入れて続けましたが、雨が強くなり、午後3時に終了しました。

翌29日は朝から強い雨で、お客様の来場も期待できないことから残念ながら午後は中止と決定しました。

中止は残念ですが、支部会員の皆様のご協力で、社労士制度をアピールする事ができました。

ご多忙の折、悪天候にも拘わらず参加してくださった皆様ありがとうございました。

また、29日午後に予定されていた皆様申し訳ございませんでした。

今後とも宜しくお願い致します。

広報委員:西堀 雅江

第4回支部研修会を開催しました。

第4回支部研修会を開催しました。

日時 10月11日(水) 時間 13時15分~17時00分

場所 所沢商工会議所 会議室1・2

 

第1部は新人研修として

「就業規則作成業務の体験談等」について と 埼玉SR経営労務センターの紹介を行いました。

「就業規則作成業務の体験談等」は当支部の塩澤迅也会員に60分お話をしていただきました。

就業規則作成業務についてご自身の体験を交えて、依頼を受けてから納品までの各作業についての手順・方法・留意点等について説明していただきました。

受注に至る経緯、受注契約の進め方、作成過程から納品時手順までを多くの体験を交えて説明をいただいたのでとても参考になりました。

又、就業規則業務をする時のご自身のスタンスを明確に持たれていることに感銘を受けました。質問時間ではベテランの先生からも手が上がり、活発な質疑応答が交わされました。

その後、埼玉SR経営労務センターの紹介を当支部の印牧政彦会員(センター理事)に パンフレットを使用してSRについて、加入のメリット等を説明していただきました。

第2部は「助成金研修会」を行いました。

千葉県社会保険労務士会 船橋支部 新津 充久様 (AK経営労務管理事務所代表)を講師にお迎えして助成金についてご講義をいただきました。

新津先生は千葉労働局にて約5年間勤務され、1万件以上の審査、調査を経験され、助成金について計画、支給申請、調査まで精通する方です。

労働局での豊富な経験をもとに、お話をしていただきました。

助成金はあまり良いイメージではないと感じる事もありますが、今日のお話は、会社の役に立つ助成金のストレートな使い方であり、助成金を積極的に活用すべきだという気持ちになりました。

使いやすい助成金としてキャリアップ助成金・人材開発支援助成金・両立支援等助成金について詳しく説明ありました。今日の研修を生かして、会社のニーズに合う助成金受給についてしっかりとサポートしていきたいと思います。

 

立場を忘れて研修を一生懸命聞いてしまい研修時の写真を撮り忘れてしまいました。

研修終了後の懇親会で思い出し、取り敢えず懇親会の様子だけですが写真を撮りました。

懇親会は 講師の塩澤先生、新津先生を囲んで12名の会員が参加しとても楽しい時間を過ごしました。

《研修委員会 鈴木》